自然



たかすけと私が一緒に居るのを初めて見たMちゃんから
「一緒にならないのが不思議なくらい二人で居るのが自然」と言われました。
まあね、20年の付き合いですから。
最初から色恋抜き、性別を超えた人と人とのつながりですから。
カッコつけて自分を良く見せる必要ゼロですから。


私はかなり人懐っこい方らしく、初対面でも仲良くなる人が多いのですが、
何故か自分と違うジェンダーの人の場合には最初に友達対象と恋愛対象を
キッチリ区別してしまうクセがあります。
その基準は自分でもよく分からないのですが、本能的に線引きしちゃうんですね。
「二人はお似合いなのにどうして付き合わないの?」という問いには
「性的魅力を感じないから」という答えを常に用意してはいますが(笑)。
きっとコレが一番分かり易い答えだと思うので。


自分がそういう気質なので、好きになった相手に「恋愛対象じゃない」と言われても
せいぜい2〜3日落ち込むくらいで、スッキリ納得しちゃうんです。
その後は恋心を無理やり抑え込むことなしに、本気で「友達モード」になれるんですね。
自分でも「これは便利な機能だ☆」と思ってしまうくらいです、あはは(笑)。
ただ、せっかく友達として仲良くなったのに、私に彼氏ができた途端に
いきなり不機嫌になり、疎遠になった人が過去に何人かいました。
あれは今でも不思議なんですがねぇ……。
最初に「違う」って言ったのは自分じゃないの?って(苦笑)。


そんな経験を経て思うことは、心の変化は言葉で表さないと分からないということ。
たかすけも「言葉にすることで自分の気持ちを客観視できる」と言っているくらいなので
最近の私のブログには一貫性のないアップ&ダウンな発言が多い訳です。
まあ、気分なんてのは毎日変わるものですから、おほほ(笑)。


素の自分を曝け出しても「バカだな〜、オマエは」って言い合える仲だからこそ
端から見ると一緒にいるのが自然に映るんでしょう。
もちろん理想は両方を兼ね備えた人ですが、二兎追うもの一兎も得ずですから
今後も一兎一兎で行きますわん♪

コメント