字幕ソフトに泣かされた夜

昨日は夜までに仕上げてしまいたい翻訳があって
夜のホットヨガをキャンセルして、23時ちょっと前に完成させました。

そして、今日からの作業の準備で字幕ソフトを立ち上げたら
あれ、ちょっと遅いな程度のタイムラグで立ち上がったので安心していたら
動画を読み込ませた途端にフリーズ→応答なし😓
強制終了したあとで、数回試みるも同じ状態で、回復の兆しゼロ。

こりゃあダメだと諦めて、ネットで使いやすい字幕ソフトを検索しました。
30分ほど情報収集していたら、App StoreでSubtitle Edit Proを発見。
っていうか、Subtitle Edit のMac版があるんじゃん!

このソフト、もともとは先々週くらいに海外の翻訳会社から指定されたもの。
ところが、Windows用ソフトのDLリンクが送られてきたので
まだ知識ゼロだった私はMacで使用できるソフトを教えてくれと頼んだのです。

そして、教えてもらったのがJubler。
ただ、これは動画を再生するためにMPlayerが必要なので
例のランサムウェア大暴走中に、ビクビクしながら両方DLしたわけですよ。
(自分が保菌者になって他の人に迷惑かけたくないですもの!)

昨夜、深夜過ぎにApp Storeで無料のSubtitle Edit Proを発見したとき
「あの夜のビクビク感と冷や汗とフルスキャン3回分の時間を返せ〜!」と
一瞬叫びたくなりました(苦笑)。

とはいえ、私がWindowsを全く知らないのと同様に
件の海外の会社の人もMacのことを知らないと容易に予測できるので
些細な憤りは数秒で鎮火しましたよ(笑)。

試しにSubtitle Edit Proを使って今日やる予定だった作業を始めてみたら
これが予想以上に楽で、サクサクと進むので、めっちゃ気持ちよくて
午前3時半くらいまで夢中で使い方を覚えてました。
うん、これで字幕ソフトの問題、無事解決です! いぇ〜い👍🏻

新しいソフトといえば……

一昨日Sannyに教えてもらった校正支援ソフトJust Rightを調べたら
けっこうお高いので今回は断念してしまいました。
その代わりにワードの校正機能をフル活用しつつ、オンライン無料ソフトを2つ試す予定。

校正支援ソフトの存在はSannyが教えてくれるまで知らなかったんですよ。
これまでメインで翻訳の仕事をしていた雑誌の場合
基本的には、編集後に編集者が校正していたので
私が翻訳する時点では作り込まないようにしていたわけです。

でも単純翻訳よりもtranscreateを要求される昨今
校正支援ソフトの存在は本当に心強いです!
ってか、早くJust Rightを買えるようにキャリアを立て直さないとなぁ。

ちなみにJust Rightと聞いて、頭の中でこれ↓が聞こえてました(笑)。


懐かしいなぁ〜。

さて、今日の午後は教則動画2本の字幕作り、がんばります!!

追記
Subtitle Edit Proの無料版では字幕出力に制限がかかっているので
結局さっき有料版を買い直しました(苦笑)。
まっ、無料版で使い方を把握できたので良しとします♪



コメント