このスピーチはすごい!

今朝、毎朝必ず読むサイトに寄って、面白そうな記事を読んでいたのですが
このスピーチのことを知り、本文は読まずに、YouTubeにGO!



実はつまらなかったら速攻で止めるつもるだったのに
見始めたら一気に見てしまいました。
いやー、すごいです、ザッカーバーグ氏。
30分間、注目を途切れさせない内容と話術ってハンパないですよ!

このスピーチをボランティアで翻訳した方がいたので
翻訳文はここから飛んでください。

彼の場合、生まれつき知能が高いとはいえ
人はみんな小さなことから始め、その小さなことが大きくなり
無知ゆえの失敗を犯し、そこから学んで再び立ち上がるという
ある意味で普遍的な成功への道筋を示しています。

その一方で
20世紀末に誕生した若者が置かれている社会状況も認識したうえで
彼らが生きていく上で必要と思われることを
彼なりの視点で説いています。

こういう自分の立場や影響力を知っている人のポジティヴな言葉は
若くもない五十路のおばちゃんにもグングン浸透してきますわ。
理想主義だろうが、なんだろうが、これを声高に言えることが素晴らしい!

差別されているからとか、人生が辛いからとか
自分本位の小さな理由で、何も努力せずに、暴力的になり
赤の他人に危害を加えるヤカラが多い時世ですからねぇ。
そんな下流志向の人にはまったく響かないでしょうが……。

私は下流志向人間が大嫌いなので、理想主義はいい刺激になりますね。
そして、これから社会を変えていく世代を支えられる仕事や能力を
これからも磨いていかないとな…と思ってしまうわけです。
五十路だって何かの助けになるはずです。

齢を重ねて経験値が上がってはいるけど
素直に感動する心や、素直に受け入れる心を忘れちゃイカンな!と。

さて今週末はしばらく手付かずだった書籍翻訳を頑張ります。
昨夜、翻訳原稿を縦書きレイアウトに変えたらミョーに新鮮な感じ(笑)。
ちょっとした目先の変化ですが、蓄積疲労を緩和する刺激として
こんなことが案外大事だったりするんですよ〜。

では、みなさんもよい週末を!



コメント