一度振り返ってみた

完全フリーランスに戻って最初の1ヶ月が過ぎようとしています。
実感としてはもっと長い気もするので
それだけ感情の起伏も、やるべきことも、たくさんあったのでしょう。

さすが15年も毎月定額のギャラが振り込まれていたので
それがないという状態にいささか不安を感じました。
う〜む、慣れとは本当に恐ろしいものです😅

ただ、そんな不安を神様か仏様が打ち消してくれるかのように
不安を感じた直後に単発の仕事の話が舞い込んでくるのが不思議です。
これから、私はこうやって地味〜にキャリアを積み直すんでしょうね。

今月新たに使い始めたソフトは、まだ使いこなせていないとは言え
役に立ち始めているものもあります。

特に字幕制作ソフトはタイムコードが必要な翻訳に大活躍。
これ、映像素材の翻訳にも使えると思うんだけどなぁ。
SRTじゃなくてTXTファイルで出力すればいいだけだしなぁ。
ワード書類に目視で確認したタイムコードを手入力するよりも
絶対に作業のスピードを上げられる気がしますわ😊 👍🏻

本当に、いろ〜んなことを感じて、覚えて、使った1ヶ月でした。
翻訳に対する見方も変わったし、技術的にも少しは向上したと思うし
いろんな分野に挑戦する勇気も出てきています。

昨日、20年来の仲良しと電話で話していたら
「泥舟が沈む前に逃げられたかもよ」と恐ろしいことを言っていました😓
経営者である彼女はそういう商売的な直感がとても鋭い人なので
私としてはお世話になったあの場所が泥舟じゃないことを、ただただ祈るのみです。

とにかく、私にできることは
仕事を依頼してくれる新しいクライアントの期待を裏切らないように
これまで通り、丁寧な仕事を心がけて、これからも続けていくだけ。
これまで培ってきた経験値を元手に、能力の幅を広げて行ければベストですよ。
まだまだノビシロがあると信じているので(笑)。

さて今週後半も怒涛の翻訳三昧。
今回はちゃんとお金になる仕事ゆえ、気分がちょっと上がります(笑)。
よっしゃ、楽しみながら仕事しよーっと😊



コメント