分かち合う



さっきテレビで予定停電の本当の意味が分かりました。
電力の供給限度内で消費が行なわれていれば停電させる必要がないとのこと。
電力は貯めることが出来ないので、消費する分だけその場で作っているわけです。
だから消費量が一気に増える午後5〜7時に供給限度を超える可能性がある。
そこで今夜はその時間に予定停電を実行することになったわけですね。


そういう説明が最初になされていれば混乱もなかったのでしょうが
今回初の試みだったわけで、ここは大きな気持ちで仕方ないなと思うしかないですね。
初めての試みが最初から何の問題もなく行なわれる方が少ないわけで
このドタバタを教訓に明日からの説明をしっかりして頂けばいいわけです。
東電さん、同じ轍を踏まないように頑張ってください。


ところで今日の電池、懐中電灯、ラジオ、インスタント食品などの
いきなりの買い占め&売り切れには驚きつつも苦笑いしちゃいました。
私はノンキな方なので「ま、なくても何とかなるさ〜」と思って
次の入荷を待つことにしたのですが
こういう時に人それぞれの性格がでるんですね(笑)。
とにかくこれによって被災地に優先的に運ぶべき物資に
影響が出ないことを願うばかりです。


久しぶりに冷たい便座に座って用を足しているのですが
ヒヤッとするたびに節電している実感が湧くという奇妙な日々です(笑)。

コメント