謙虚さ



今日は3年振りに Kirk Whalum さんと再会しました。
相変わらずの優しい紳士然とした態度と口調は
つい最近グラミーを受賞したスゴい人ということすら忘れさせるほどでした。


彼が頻繁に口にした言葉が「コラボレーション(共同作業)」。
自分ひとりで音楽を演奏しているわけではないと力説していました。
思わず心がほっこりするような謙虚さと優しさと力強さを備えた人です。
クリスチャンのカークさんからは「God」という言葉もよく出てきます。
彼にとって音楽を演奏できる能力はGodからの贈り物なんですね。


私の周りには様々な宗教を信じている人たちがいますが
誰ひとりとして自分の信じるものを他者に無理強いしたり押し付けたりしません。
基本的に宗教には「正しい」も「間違い」もないと私は思っています。
何を信じるにしても、信じている本人がどんなふうに解釈して
その恩恵をどんなふうに自分や他者の人生に活かすかが肝心だと思います。


一神教にしても多神教にしても、他者を思い遣る心を持たせてくれ
謙虚さ、優しさ、力強さを与え、支えてくれるものを信じているのであれば
他者が信じるものを「異教」や「間違い」と決めつけることはないはずです。
突き詰めれば、どんな宗教も「安らかな心」を説いているわけですから。
それに宗教を政治に絡めて使いたい人たちは一部だけですからね。


……なんてことをカークさんと話しながら思ってしまいましたね。
自分ひとりで生きているなんて傲慢な考え方をしていたらイカンと。
人間「謙虚さ」を忘れたらどんどん人が離れて行くと。
うん、素敵な時間でした。Thank you, Kirk-san!!


そんなカークさんは昨日、女性サックス奏者25人と対面したそうで
「日本には女性サックス奏者が本当に多いんだね〜」と驚いていました。
そして「Jessy Jというサックス奏者をチェックした方がいいよ」と言ってました。
か〜な〜り〜ホットなラテン女性です☆





興味のある方は是非アルバムもチェックしてみてくださいね〜。


あ、シンガーの Jessie Jとは別人ですから。
でも Jessie Jも違った意味でホットでカッコいいですよー。




私はこっち↑の方が実は好きだったりします(笑)。
あれ、謙虚さとは全然別の方向に着地しちゃいました、すみませ〜ん!



コメント