地味に焦る〜(汗)


現在やっているのは教則DVDの字幕作り。
といっても、実は翻訳は上がっているので、秒割り、分割りをしながら
翻訳を短くまとめて字幕にするというイレギュラーな作業。
いやはや、これが、思ったよりも大変です(苦笑)

翻訳者の言葉を最大限に活用しつつ、かなり短くまとめるのは
自分が自由に翻訳するよりも理性と客観性を求められると気付きました。
おかげで思うように進まないので、かなり焦っております、トホホ。

実は……
翻訳された文章を簡略化する作業は今回が初めてでして
DVDを見ながらやっていると耳に入ってくる英語が邪魔して
ついつい「こっちの方が分かり易いのに…」と書き換えたくなる。
しかし「んにゃー、イカン!!」と自分を律して
翻訳者の言葉が収まるような文章を考え始めるワケです。
コレ、英語をあまり聞き取れない人の方が早くできる作業かも……

更に……
講師役のプレイヤーがかなりの早口で、次から次へと情報が投げ込まれる。
このDVDを見て学ぼうとしている人に一生懸命伝えている姿に
「この言葉をすべて伝えたい」という気持ちになってしまうんです。
心の中は葛藤だらけ!!

どうもこれは他者を尊重する修行のような気がします(笑)
普段はプレイヤーと編集者の間という2次元的な状態でのイタコ作業が
今回は新たに加わった翻訳者のおかげで3次元的状態になり
尊重する矛先が一つ増えたおかげで立体的になった感覚ですわ。
こういう状況下での自分の軸足の位置と対象への距離を学ぶ感じッス。
けっこう面白いかも♪

この教則DVD、本編の長さ7時間超えの超大作。
私が担当するのは前半3時間だけですが、きっと見る人にとっては
かなり面白いものになると思います。
詳細は告知解禁になったらお知らせしますね〜〜。



コメント