もう師走。。。


今年も残すところ1ヶ月を切りましたね。
気温もぐ〜んと下がって冬らしい空気になりました。
雪国生まれの私にとって、この冷たい空気が心地良く
「さぶっ!」と言いながらも何故か笑顔になってます(笑)。
暑さにゃあ滅法弱いのですが、寒さにゃあ負けませんよ♪

この間、1歳しか違わない昔の同僚とLINEをやっていて
「早く寝ろ。もう若くないんだから」と言われ苦笑いしました。
う〜ん、私の仕事の仕方や時間の使い方は普通の会社勤めの人には
きっと実感できないんでしょうねぇ。
定時に仕事を始めて定時に終わる類いではないので
こればかりは実際にやってみないと分からないのでしょう。

出社する時でも自宅で作業を行なう時でも
目覚めてコーヒーができたらパジャマ姿で即仕事開始。
一通りメール処理ができたら、オンラインのまま家事&シャワー。
これが普段の午前中で、出社日は支度してGO!

出社しない時は午後からメール処理、翻訳、家事をランダムに行ないます。
基本的に会社のリエゾン業務は深夜0時までやります。
欧米との時差があるので、まあ当然なんですが(笑)。
でも常にPCの前にずっと座っているわけではなく
途中で夕飯作って食べたり、仕事以外のこともできるのですよ。

私の1日に仕事、家事、その他の雑用が混在しているので
ここからここまでが仕事、ここからプライベートという区切りなし。
この生活に慣れてしまっている私には何の不思議もないのですが
定時に出退社する人たちには「???」な生活かもしれません(笑)。

そんなふうに暮らしと仕事が綯い交ぜになっているため
普通の人に比べて“仕事している”感覚が弱いかもしれませんね。
でも〆切前のシャカリキ翻訳モードになると状況が一変し
普段のお気楽さは影を潜め、完全に仕事オンナと化しますよ(笑)。
食事を作る以外の家事はせず、翻訳に集中!
たぶん、そういうオン/オフが好きなんだと思います。

この生活、向き不向きがあると思いますが
緊急の翻訳仕事にも対応できるので私にとってはベストですね。
会社員として安定収入を得るのも一つの手だし
私のように不安定でも満足できる仕事の仕方を選ぶのも一つの手です。
誠意を持って、依頼者が求める以上の質の仕事を続けていれば
誰にでも出来ることですよ〜♪



コメント