翻訳のお供はK-Pop

一昨日、iTunesでTeen Topの2ndアルバム『High Five』を発見して
喜び勇んでDLして、それ以来ず〜っと聞いています。
もうね、オマケ不要の私には音源DLがベストでございます🤡

さて、ここ数日はずーっと地味な翻訳に取り組んでいます。
よっぽど集中しているとき以外は小さな音量でBGMを流すので
いつもは仕事のBGM再生専用iPodに勝手にシャッフルしてもらいます。

でも、今やっているのは長文好きなイギリス人ライターが書いた文章ゆえ
読みやすい日本語に整えるために、けっこう集中しないとダメなのですよ。
そんな状況だと、日本語と英語の曲が殊の外耳障りなことを発見。

そこで、韓国語の曲だけのプレイリストを作って流してみたところ
ぜ〜んぜん邪魔にならないし、いい感じで空間を埋めてくれるんです。
言葉って意味が分からない方がいいことがあるんですねぇ。

K-Popと言っても、アイドル系はTeen TopとGOT7だけで
あとはチョン・ジュニョン、サム・キム、ジェシー、Dickpunksとか。
所々英語が入るのですが、聞き流せる程度の長さなので大丈夫(笑)。

そうそう、4月から新しい生徒さんで始まったテレビでハングル講座ですが
新しい生徒さんの声がかなり苦手なので、番組を録画して
GOT7のコントスキット、スノク先生の説明、ウィスさんのオマケだけ見ることに。

あの、コンプレッサーをかけたような、上から押しつぶした感じの高音は
私にとっては話すときの発声で最も不快感を感じる音なんですよ。
マイクの通りはいいタイプの声でも、心地よさは皆無😑
女性アイドルに多いようですが、自分で聞いて嫌にならないんだろうか?

まあね、テキトーに、覚えるんだか覚えないんだか分からない程度の
なんちゃって学習なので、録画を早送りしてもぜ〜んぜん問題なしです(笑)。

じゃ、最後にTeen Topの新作MVでも貼り付けておきますかな。



さすが、Teen Top色の曲だし、ダンスだなぁ😍 😍 😍 😍 😍



コメント