明るい月



スーパームーンが明るく輝く夜にお香MOONを焚きながら
Adeleの『21』を聴いている静かな夜でございます。
夕方にチェコのクラウディア(今はドイツに滞在中)からメールが届き
心がホカホカになりました♡


ホント、人の縁とは不思議なものです。
クラウディアと知り合ったのはドイツで、当時彼女は友達の恋人でした。
日本に帰国してすぐに破局してしまったのですが、今でも私たちは仲良し。
初対面で一気にウマが合ってしまったのですから仕方ありません(笑)。
ドイツの友達は友達だし、彼女は彼女。
別れたのは彼の問題であって、私には関係ないってことです。


でも元を正せば、アメリカで仲良くなったエクアドル人の女友達が
ドイツ人男性と結婚してドイツに移住したのがきっかけでドイツに遊びに行き
彼女のダンナさんがクラウディアの元カレと親友だから
クラウディアと私がつながったわけです。
これってよくよく考えると凄いことだと思います。


つまり、今はお互いの存在を知らない者同士でも
たった一人の知り合いがきっかけで将来的につながる可能性があるということ。
最初は偶然の出来事でも、それが後に必然になる可能性を秘めていて
幾つかの偶然が重なることで遠く離れた人と人が繋がっていくわけですわ。
もちろん深く付き合うようになる人もいれば、通り過ぎて行く人もいる。
更に仲良くなる速度も人それぞれで、ゆっくり知り合う人もいれば
あっという間にお互いを理解できてしまう人もいるわけです。


そういう普段はあまり気にしていないことの凄さに改めて気付くと
仲良くなった人たちが愛おしいし、大事だなと思います。
彼ら彼女らの前で自分を取り繕う必要などないし
こんなダメ人間でも愛し、支えてくれる……本当に嬉しい限りですよ。
だからこそ、私も人と人とを繋げる手伝いをしたいと思うんですわ。
まあ、私はきっかけを作るだけで、あとは当人同士に任せますが(笑)。


30日のドリーム・シアターのライブの前に若手編集者くんに
「どうしてアーティストとそんなに仲良くなれるのですか?」と訊かれました。
はっきり言って、私にも理由はよく分かりません(笑)。
ただ常に正直でいよう、相手を尊重しつつ受け入れようと努めています。
そして身の丈以上の自分を演じないようにしています。
そんなことしても疲れるだけですから(笑)。


仲良しさんの中にも自分の気持ちを表すのが苦手な人がいます。
そういう人の場合、その人が話したい気分になるまで待つのが一番ですね。
話したくないことを無理やり聞き出したって本心は語りませんから。


ただ、相手があまりにも心を開かない時には「あ、信用されてないのね」と
こっちも心の距離を少し離します。
その人との間に信頼関係が存在するのなら、そのうち話しに来るだろうし
ないのであれば自然消滅して行くだろうし……。
そうやって相手の態度を尊重するだけの話なんですがね。


仲良くなって大好きな人でも時間の経過と共に通り過ぎて行くこともあるし
逆に通りすがりの人だろうと思った人が仲良しになることもあります。
人の縁は時間が経って初めて偶然から必然に変わるんでしょうね、きっと。
ホント、縁とは不思議で面白いものです。


……なんてことを
さっき銀色に美しく輝くお月様を見ながら考えてました。
これからも仲良しさん達を大切にしないとな〜。



コメント