『tremolo』サイコー♡


昨日アマゾンから到着した小林太郎くんの新作『tremolo』は
既にウチでヘビロテ中でございます。
相変わらず楽曲も良いし、歌声も良いし、素敵なアルバムですよ♡
現在のお気に入りはM10「愛のうた」。
この曲の太郎くんの声の力の抜け加減がと〜ってもいい♪

このアルバムは間違いなくNAMM出張中のサントラになるでしょう。
あ、去年同様にSteel AngelのCDももちろん聴きますよ〜☆
鋼の天使さん達の素敵なアホ☆パワーは元気の素ですから。

昨夜11時半過ぎに仕事のメールをすべて書き終えた後で
『tremolo』の楽曲の歌詞を読みながら聴いていて
年齢が異なっていても感じることは同じなのだなぁ…と思いましたね。
どんなに年をとっても根っこの感情には大きな違いはないな、と。

オトナになると世間のしきたりに倣ってオトナらしい言動をしがちですが
どんなにエラそうに上から目線でモノを言っていても
深い所にある弱さや優しさや脆さは若い頃のまんまなのですよ。
だから若い子が書いた歌詞にも「そうそう」と頷けるわけです。
たぶんオトナらしい言動とはそれを上手に隠すことなんでしょうね。

そうやって「オトナ」を演じているうちに深い部分に隠れた感情を
スッカリ忘れてしまうオトナもたくさんいるようですが
自分の中の脆さに無自覚なオトナってどうなんだろう?
なんとなく残念な感じがします(苦笑)。
自覚し過ぎて脆さだけのオトナはもっと残念ですが……。

スマホに変えてからの初海外出張が近づいてきたので
今日は自宅でリエゾンしながらぼちぼち取説を読んでいます。
がー、さすがに四十路オバチャンにはよう分からんです(T_T)
そんなダメダメな気分に浸っていたらTMさんからGoogle Talkでメッセージが……。
あっ、これはそうやって使うのか……と一つ覚えました(笑)。

私の人生っていつもこんな感じで
全く予期せず、誰かのおかげで新しいことを知ることが多いですね。
いやー、本当に周りの優しい人々に感謝しないと!
日々進化する電脳社会になんとかついて行けるのも彼らのおかげですから。
知らないことは知ったかぶりしないで
知っている人間に訊く……これは幾つになっても鉄則ですよ〜♪

さて、仕事しよっと。



コメント