クレジットカード


今回が初海外出張の若手編集者Mくん。
アメリカでの短期間のノービザ滞在の場合には
ESTA(電子渡航認証システム)での申請&認証が必要です。
2008年に始まった頃は無料だったのですが
2010年から有料(14ドル)になったためカードでの決済が必要なのです。

ところが一昨日になってMくんはカードを持っていないことが判明。
親などのカードを使って決済できるのですが
それよりも「そろそろオトナなんだから自分のカードを作りなさい」と
即日発行してくれるデパート名を教えて、私たちは彼を送り出しました。

そして今日、出社途中のスーパーで偶然会った若手編集者から
「Mくん、カード審査が通らなかったらしいです」との報告が!
出社してからMくんに事情を聞いたら、理由は分からないがダメだったと。
更に再度挑戦と、違うデパートにも行ったものの、そこでもNG。
結局は親御さんのカードでESTA決済はすることとなりました。

がー、彼にとっては残念なこのニュースを聞いた私たちは大笑い。
本人も苦笑いするしかない状態でございました。
ここしばらくはこのカードネタで皆に弄られるだろうMくん。
御愁傷様です!(笑)

この「クレジットカードを持っていない」というのがとても新鮮だった上に
簡単にカードを作ってくれるデパートのカウンターで申請したのに
審査が通らなかったなんて……面白過ぎます!
Mくん、過去に一度もカードを使っていないのに、一体何が原因なんでしょう?
同じ編集部の兄さん達がネットで調べても理由は分からず仕舞い。

クレジットカードは使い方さえ間違わなければ便利なものです。
ポイントとか特典とかに全く興味のない私でもカードの恩恵に与っています。
特に海外に行った時には現金をさほど持ち歩かなくてもいい点がグー。
更にカードの色によってはお店の人の態度が軟化することも
前回の海外出張時に発見しました(ちょっと呆れもしましたが)。

会社という身分すら保障してくれる後ろ盾がないフリーランスにとって
見事なまでに資本主義的&即物的な身分(経済力?)保障となる
クレジットカードはと〜っても便利な道具であります(笑)。
ホント、身の程を知り、正しい使い方さえしていれば
何も怖いことはありません。

ポイントやマイレージを集めるのが好きな友達には
「もっと活用しなさい」とよく助言されるのですが
別にポイントもマイレージも要らないし、必要な時に使えればいいので
「バカじゃない?」と言われようが、今のままの使い方で行きますよ♪

だってポイントやマイレージで何かがタダになるということは
確実に他の誰かにそのしわ寄せが行くということなので単純に嫌なのです。
世の中にこんなおバカなヤツが一人ぐらいいてもいいと思いますよ(笑)。

さて今週末はぼちぼち出張の準備をします。
787のバッテリー黒こげ事件の余波で他の便にも遅延が出ていると
旅行代理店に勤めている仲良しさんが教えてくれました。
来週の渡米の便に遅れが出ないことを祈るばかりです。。。

皆様、良い週末をお過ごしください☆



コメント