サービス良すぎ!


相変わらず〆切地獄で冷や汗かいています。
〆切破りしてます、予定の3日遅れって感じで (-_-;)
いやはや、どーしてテープ起こしがこんなに嫌いなのか……。
これやんないとギャラ出ないよ〜と自分に言い聞かせているけど
「よっしゃ、やるぞー!」とならないと良い訳が出てこない (T_T)

そんなワガママな脳みそなので、休憩と称してテレビを見たり
家事をしたりの時間がミョーに長くなるのですが
家事もある程度やるとなくなるし、見たい番組も特になし。
そんな状態で無理やり見ていたのがテロの歴史。
重大なテロ行為を煽動した人たちのバイオを特集したものです。

コレ、フランスのテレビ局が制作したドキュメンタリーで
様々な証言の上にフランス語の通訳が乗るのですが
仏語on独語、仏語on英語になると脳みそが一気にパニーック!
仏語on独語だと日本語字幕にある言葉をどちらかの言語に
見つけようと脳みそが必死になるので、字幕が読めない。
仏語on英語だと英語が普通に入ってくる一方で
仏語との共通のワードに耳が行ってしまい、字幕が読めない。

これが耳馴染みのない言語だと脳みそが「コレ、知らんわ」と諦め
きっちり字幕を読めるので不思議です。
私の脳みそ、変なところでサービス過剰ですわ、トホホ。

解決策として……
仏語on独語は画面を見ずに想像力を駆使して理解する
仏語on英語は画面を見ずに英語を聞いて理解する
……という技を使ってみました。
仏語on独語の場合は前後の文脈で何とか理解できるのでOK。
っていうか、〆切逃避だっちゅーに何やってんだ、自分?(笑)

でも、毎晩2本ずつ放送していたこの番組を見ていて
テロ行為って憎しみしか生まない無駄な行為だと心底思いましたわ。
罪なき人や動植物の命を奪ってまで通す“世界平和”なんて
結局は権力主義者の近視眼的な危ない妄想じゃないですか!
本当の世界平和は、様々な宗教や意見、生き方が共存しつつ
お互いの領域は冒さずに尊重することじゃないですかねぇ。
「オレの考え方だけが正しい」じゃないと思うんですが……。

今の私に必要なことは世界平和なんて大きなことではなく
編集者の心の平和を乱す〆切破りをやめることですかね(苦笑)。
さて、仕事しま〜す。



コメント