やっと落ち着いた♪


帰国して10日。
早起き以外は普段の生活に戻りつつあります。
しかし、この三連休、ホッと一息ついた途端に寝倒してました(笑)。
テープ起こしをやらないといけないのに身体が言うことを聞かない。
でも金曜の夜から「どんだけ寝るの?」と思うほど寝たら
今朝からは気力も体力も普段通りになってきましたよ♪

この三連休、寝ていない時は確定申告の本を読んでいましたね。
今年初めて確定申告をする仲良し君に「教えてくれ」と頼まれたので
教えるにはちゃんと知らなきゃ…と初めて確定申告の本を購入。
かれこれ20年確定申告してますが、知らないことがた〜くさんあって
本を読みながら苦笑いの連続です(笑)。
よく今までこれでやってこれたな〜と我ながら呆れるほど 。
今年はちょっとお利口さんな確定申告ができそうで〜す。

帰国後5日で取材2本を行なった後の5日間は
ゆっくりと日常に戻る段階を日々踏んでいたのですが
この間にちょっとした気付きが幾つかありましたね。
吉凶混合で、嬉しかったり、がっかりしたり。
押上オカンちゃんにも「人生イロイロですねぇ」と言われました。

でも、がっかりした事柄に関しては、しばらくモヤモヤが晴れなくて
早くスッキリしたいと思っていたので、凶だけど結果的に吉かも (^_^)
逆に新たな気持ちで前進できる良いきっかけになりそうです。
時間って厳しいけど優しいな〜☆

LAX足止め事件は“待つ辛さ”をストレートに体験した象徴的な出来事。
ホント、時間潰しの便利な道具がない状態で長時間待つのは辛い。
でも、その状況から抜け出す出口が必ず先に存在するわけで
渦中は辛いし、イライラするし…で、人でなし3秒前な気分ですが
出口が近づくに従って、そんな負の感情も和らぐわけですよ。

これを人生に当てはめると……
出口は確実に存在するけどそこに辿り着くまでの時間が予測できない。
(これが一番辛い…号泣)
出口はある日突然ポッカリと口を開いて現れる。
(ええーっ、このタイミングでぇ!?という突然さに驚愕する…苦笑)
この出口が表れたときの嬉しさやスッキリ感をその後どれだけ維持できるかが
きっと物事への対処法やその最中の心持ちに影響するんでしょうね。

自分の不運を嘆いたり、人の悪口を言い続けて過ごすのもアリですが
私は辛い時期を我慢して、ちゃんとそこから抜け出した自分を褒めつつ
笑顔で一歩一歩今よりも良くなって行きたいですね。
他人と比べて自分の人生の欠点ばかりに目を向けたって楽しくないし
それなら「自分は自分」と思って生きた方が何百倍もラクですもの♪

呑気に生活しているように見えて
このオバチャン、案外心に葛藤を抱えていたりするんですよ〜(笑)。
さて、編集者が号泣する前にテープ起こし、やりますわ。
今週は久々のザ・〆切ウィークでございます♪



コメント