色々あるけど、穏やかな週末♪


気温がぐ〜〜んと下がってきましたがお天気が続いていますね。
こういうときは週末でお休みなのに、なぜか早起き。
野生の本能の仕業か? それとも主婦的な感覚か?(笑)
お掃除・洗濯にもってこいの冬至です。

年の瀬も近づくこの時期にグループLINEの仲間のひとり(♂)から
衝撃的な相談事が!
パートナーの裏切り行為の疑惑が数日前に確信に変わった、と。
同じグループで毎日お喋りしているもうひとりの仲間(♀)と
オンナ視点で思ったことを書き連ねているのですが
こういうことって平穏そうな家庭でも起きるものなのですね。。。

彼女も私も浮気や不倫、二股などが意識にすら上らないタイプゆえ
辛いことだけど「ちゃんと話し合う方がいい」と思ってしまいます。
彼らがどんな家庭を築いていたのかも、パートナーのことも知らないけど
彼が生死の境を彷徨う病気で闘病中に起きた浮気というだけで
オンナとしてよりも“人として”の情の浅さにガッカリですわ。
さらに病気を克服して帰宅してからは会話がないなんて……トホホ (T_T)

遠距離&国際恋愛マジックに惑わされて勢いで結婚し、結局離婚したオンナが
何を言っても説得力がないけど、人生を共にすると決めた相手とは
一緒に暮らすうちに相手に対する理解が深まると思うんですよ。
だから「こんなときはきっとこう考えるだろう」と大雑把な予測がつく。
逆に私の元ダンナには自分が気付いていない弱点も指摘されたくらいなので
自分が無意識にとる言動を相手を通して知ることになる。
そうやって違いを擦り合わせながら生活するのが結婚だと今でも信じてます。

前出のLINE仲間(♀)には、私が結婚生活に問題を抱えていたときに
「それで、mikiは今でも彼が好きなの?」と繰り返し訊かれました。
10年を経て、彼女のこの質問の本質的な意味を
徐々に理解するようになりましたね。
“不信や不快を克服できるだけの愛情があるのか?”ってことですわ。
当時の私にはそんな愛情は微塵も残っていなかったなぁ(苦笑)。

前々回のブログで「友達は自分を映す鏡」と書いたけど
伴侶も同じで、友達よりももっとキツく自分の弱点が炙り出されるのかも。
許せる許せないのリトマス紙は不快感を伴うお互いの弱点だと思うんですよ。
相手の中に自分自身の不快な部分が投影され、相手の弱点として認知し
それが原因で相手を嫌いになることもあるだろうし……。
嫁時代の終わり頃に心理学や哲学書をいろいろ読んで得た知識が
10年という年月を経てじわじわと身に染み込んできているようです。

そんなことをあれこれ考えるのをやめようと昨夜はお風呂で心のデトックス。
爆音で好きな曲を聴きながら汗を流す……それだけで心の毒気が抜けます♡
でー、お風呂から上がったらコラムがUPされてました〜♪

LOVEレト22回目「Shake Up Christmas」by Train

この曲、聴いているだけで気分が上がりますよ〜。
これからしばらくはクリスマスやお正月という賑やかなとき。
嫌な気分は横に置いて、友達と会ったり、帰省準備をしたりと
楽しいことだけに集中したいと思います (^0^)v
そういう時間も大事、大事☆



コメント