断っちゃった😓

どんな意図を持った天の采配なのか
休む間もなく仕事し続けた1週間でした。
今日やっと一息つけます、ふ〜、やれやれ🙂

連日10時間以上、英語→日本語→英語→日本語…と
脳みそ内に2つしかない言語スイッチの切り替えを繰り返すと
言語スイッチの筋トレになるようで、耐久性がそこはかとなく増した感じも(笑)。

実は5月に完全フリーランスに戻ったとき、初心に戻り
入ってきた仕事は断らないで全部受けると心に決めていたのです。
これは仕事量が不安定なフリーランスの基本中の基本の姿勢。

しか〜し、今回はあまりの仕事の詰まり具合に
泣く泣く1本断わざるを得ない状況になってしまいました。
たった6週間で決意を破ってしまった……あ〜あ、もう、なんだかなぁ。

とは言え、こんなふうに断わざるを得ない状況になるくらい
お仕事をもらえることは本当に嬉しい限りです。
でも、まだ時間の管理と労力の配分が上手くできないのが現状で
常に全力投球ゆえ、日々の電池切れが早いこと早いこと…トホホ。

巷は休日の昨日も早朝から音声起こしを始めて
息切れしながらも4月で契約が切れた出版社の最後の仕事が遂に完了。
12,000字超えの内容の濃い大作で最後を締められてよかったです😊

この最後の音声起こしをやっていて(4月末に取材したもの)
ここ15年間で自分の通訳能力がかなり落ちていたことに気付きました。
もともと大して上手くないのに、ぬるま湯生活の悪影響で最悪でしたわ。
でも渦中にいると気付かないんですね、こういうことは。

毎年1月にNAMM出張していた頃は
帰国後の通訳仕事がラクだった原因はこれだったのか!と納得しました。
英語脳が刺激されて眠っていた小部屋が開いていたんですね〜。

この春まで取材では音楽に特化した会話に終始していたのですが
完全フリーランスになって、さまざまな題材を語る英語を見聞きできて
最高の刺激になっています。

昔、通訳仲間のSuzyさんと「日常会話レベルの英語力ってすごいよね」と
よく話していた「日常会話」に出てくる内容の一部を聞いている感覚です。

あ、ちなみに、私たちが信じていた「日常会話レベル」とは
毎晩その日の出来事を集約した60分のニュース番組で扱われる題材を
すべて問題なく理解できるレベルです。

だから求人広告に「日常会話レベルの英語力」と書いてあると
彼女も私も「私たちには絶対に無理だよね〜」と言っていたものです。
それが勘違いと誰かに教えてもらったのは、たぶん数年後…(笑)。

そんなことはさておき……

ラクをすると人の能力は下流に流れるものだと実感したので
ラクしちゃイカン!と己に言い聞かせております。
それじゃなくても老化が始まっている年齢なのだから
意識して刺激を与え続けないと本物のバカ老人になっちまいますわ😅

さて、今日の午前中は家事に勤しんで
時間がなくてしばらく手を付けられなかった2つのプロジェクトの準備を
午後から始めようと思います。
この2つ、ずっと頭の片隅にあって、準備を終わらせないと心がスッキリしないので。

あ、そういえば、夜中に脳みそ冷却&歯磨きしながら
何の気なくCS見ていたらEXOの特集をやっていて、この曲にグッときました。



仕事のOverdoesはイカンな、という自戒の念もありつつ
勢いがある人には面白いもの(彼らの場合は曲だけど)が寄ってくることも
ぼんやりと実感しながら見てました。

勢いがあると面白いものが寄ってきて
面白いものが寄ってくると勢いが増す。
素敵な相乗効果です!

ふふふ、面白い仕事、よってらっしゃ〜い😇 🤓 🤡 ☺ 🤠 😎 😊 😇



コメント