6月スタート🎬

プチ睡眠障害の置き土産の早起きがクセになったおかげで
朝8時には仕事を始めている自分に自分が一番驚いています。
大抵、洗濯機回しながら、寝間着のまま&コーヒー☕ 片手ですが😅

前夜に届いた仕事メールのチェック&返信をしている間に洗濯が終わるので
休憩代わりに洗濯物を干して、コーヒー☕ お代わり。
11時頃に朝の仕事を終えて、シャワーを浴びながら、次にやることを確認。

こんな感じで毎朝過ごしています。
まあ、時間割的には以前とほとんど変わらない生活ですが
早起きになった分だけ、午前中にできることが多くなりました。
朝は思いのほか仕事がはかどるので、プチ睡眠障害に感謝です(笑)。

3月から始めた仕事探し(厳密に言えば「クライアント増やし」)で
翻訳絡みのいろいろなトライアルやお仕事をさせてもらっていますが
昨夜ぼーっと録画したテレビ番組をみながら
唐突に「私、本当に翻訳仕事が好きだ!」と強烈に感じたのです。

「おいおい、なんで、このタイミングで?」と
そんな考えを誘発するとは思えないテレビ画面をみて
即座に自分にツッコミ入れましたよ、はい。

音楽業界で30年近く仕事をしてきた音楽好きの「井の中の蛙🐸」が
クズ親父の策略にハマり、執行猶予たった1ヶ月で大海🌊に放流されて
塩水に喉を涸らしながらも「絶対にできるもん!」と己に言い聞かせて
必死に泳ぎ🏊🏻‍♀️続けてきて、今やっと先のことが少し見えてきて
ほんのちょっぴり安心できるようになったのかもしれません。

また、新しい仕事で求められる異なる翻訳文のスタイルに
適応し始めたことも理由のひとつかも。
これまで疎遠だった脳細胞たちの間にシナプス💫ができた感じ。

新しいことを始めるって最初はかなり大変なのですが
私の場合は凡ミスを大目にみてくれる優しいクライアントのおかげで
何度かミスを繰り返しながらも慣れることができました。

そして、新しいやり方をひとつ覚えると他の仕事に応用できるようになり
それによって、そのやり方を応用できる仕事の範囲が明確になり
自分がどんな仕事にトライできるのかもハッキリと見えてくるのです。
仕事探しを始めた頃の闇雲さとは雲泥の差☁ 🌧 ⛈ 🌥 🌈

ホント、時間⏳の経過というのは面白いものです。
どんなに不安で辛くても、できると信じてトライし続けると
思いもしなかった扉まで開いてきます。

この15年間のぬるい生活で忘れていた「1本に全力投球」という
30代の頃の信条だった「まともなフリーランス感覚」が戻ってきて
か〜な〜り〜気持ちいいです。
「ま、いいか」じゃ次の仕事につながりませんから。

そんな心の変化がきっと昨夜の「私、本当に翻訳仕事が好きだ!」という
唐突の気付きとなって現われたのでしょう。

今週前半もバリバリ翻訳するので
今日はゆる〜りと家事三昧で心と身体を休めることにします。
さて、掃除しよーっと。

そーいえば、仕事を通して偶然知ったこのバンドのこの曲。
なぜか、ふっと気づくと歌っています。
このベース、かなり好きだな〜😍





コメント