脳とジャズと

昨夜、録画しておいたナショジオの『Star Talk』をやっと観ました。
JAZZの回で、番組ホストのニール・デグラッス・タイソンが
ウェイン・ショーターとハービー・ハンコックにインタビューしてました。

この番組、解説者として様々な人が登場するのですが
この回ではCharles Limb博士という人が登場して
脳みそと即興演奏の関係について少し説明してくれたのです。

同じテーマでリム博士が登場した過去のTEDがこれです。

 

音楽をいろんな方向から探るって面白いです!

私自身はロック&ポップス畑で育ったリスナーゆえ
ジャズは難解に思えて、あまり好きではないのですが
クリエイティビティを分析するには最適なジャンルだと思います。
だって、即興演奏がめっちゃ多いですから。

ちなみに『Star Talk』内で
photon(光子)を音楽で表現するウェイン・ショーターがちょっとお茶目です。


これ、笑っていい所なのか、至って真面目なのか、私には分かりませんが……。

過去にウェインと電話インタビューしたときに
禅問答のような会話でインスパイアされたことがあったなぁ…と
これを観ながら思い出していました☺



コメント