ゆる〜りなので大掃除☆


昨日の午後に今月最後の〆切が終わり、夕方からゆるりモードに突入。

34分のインタビューだったのに取れ高9,000字で驚きましたわ。
金曜日朝に仕上げた怒濤の2時間対談原稿とこの原稿の担当者が同じなので
たぶんヒーヒー言いながら編集したことでしょう。
とは言え、この担当者マサルちゃんは
「mikiさんの原稿なら2〜3時間で編集できますよ♪」と言ってくれるので
まあ、編集し易い翻訳を上げているってことなのだと思います。

昨夜は10時過ぎからBGMも流さずに読書タイムを満喫しました。
相変わらず平川祐弘著『日本人に生まれて、まあよかった』をゆっくりと
言葉を噛み締めるように読んでおります。
さすがに昭和初期生まれの方の日本語は趣きと美しさがありますね。
内容だけじゃなくて、言葉の綴り方にも刺戟を受けておりまする♡

〆切フリーになると、それまで余裕がなくてまとまらなかった考えが
徐々に形となってまとまって行くことが多いのですが
最近のニュースを見ていると、ホント、色んな人がいると実感しますわ。

インターネットがなかった時代には表に出なかった事件や情報が
今では簡単に出てくるし、存在すら知らなかった情報であっても
SNSでシェアされて知る機会が増えたので
情報をどう受け止めるのかが本当に重要だと実感してますよ。

報道機関は独自のカラーを出すために、ある程度洗脳ちっくな書き方で
情報を提供するのは受け取る側にとっては織り込み済みであっても
何よりも様々な情報に容易にアクセスできる事実は有り難いです。
もちろん情報過多で混乱することもしばしばですがね(苦笑)。

仕事柄、他者の言葉を日本語や英語でそれぞれの言語話者に伝えるという
情報が表に出る前段階の作業をずっとやってきたことと
出来る限り要点を忠実に伝えることを善しとしてきたこともあり
「情報の信憑性」をあまり疑わずに素直に読む傾向があるのですが
最近の特定の報道に関してはちょっと疑いながら読んでいます。
例のO嬢や号泣議員の一件を見ると、そうせざるを得ないな、と。

しっかし、まあ、この国ではいつから
いい大人が幼稚な言い訳を平気な顔で言い放つようになったんだろう?
あれっ、もしかして、昔からそうなのかしら?
子供じゃないんだから、言い訳するなら
説得力のある言い訳をしっかり練った上で保身して欲しいものですわ。

人前に出る人じゃなくて部下を抱えるサラリーマンの中にも
役職に胡座をかいて、自分の責務をしっかり果たさずに
物事が上手く行かなくなると部下を叱咤激励する人が多い感じがします。

子は親の背中を見て育つというけど、会社組織も同じですよ。
保身LOVEな上司の下で社会人として育つと同じ穴の狢になる確率高し。
そして、そういう人に限って会社組織に居座り続けるんですよね。
他社で通用する技能も実力も持ち合わせていない自覚があるのでしょう。
でもねぇ、ホント、子供じゃないんだから、保身するなら
もっと巧妙に、狡猾にやるのが大人ってものじゃないですかねぇ?

今でもデカい態度で若い衆から怖がられつつ弄られているので
権力も地位も名誉もぜ〜んぜん欲しくないです(笑)。
そして……
角度を変えて眺めると手の内が透けて見えるような年寄りにはならないぞ!
巧妙で、狡猾で、好色な年寄りになってやる!
……なんてぼちぼち考えながら、ゆる〜り気分で大掃除します♪
だって貴重な〆切フリーの日曜日ですもの (^^)v



コメント