偏狭な考えと行動を押し付けるテロ攻撃


またテロ攻撃が起きてしまいました。
パリでのテロ攻撃の実行犯が捕まったベルギーの首都ブリュッセルで
空港と地下鉄で自爆テロ。。。
昨夜は就寝直前までBBCを見ていたら、途中でISISが犯行声明を出しました。
なんだかなぁ。。。

暴力では世界が良くならないと歴史がちゃんと教えているのに
どうして暴力や恐怖という手段を使うのか。
中国にしろ、北朝鮮にしろ、ISISにしろ、その他のテロ集団にしろ
その中で暴力を指揮する側の頭ン中も、それに従う側の頭ン中も
私には全く理解できないです。

ただ、彼らが利己的なことは明白ですよね。
自分たちの考え方だけが唯一の善と信じ込み、他者を殺害することすら厭わない。

今アメリカ大統領選でまさかの大人気になっているトランプ氏にも
それと似たような嫌〜なオーラを感じます。
そして、彼を支持するホワイトトラッシュ(貧困階級の白人たち)には
ISISに簡単に勧誘される無知で利己的な人々と同じものを感じます。

結局、 人間というのは支配する者とされる者に分けられて
支配する者にとっては愚民ほど楽なものはないんでしょうね。

「何も考えずに俺の言うことだけを聞いていればいい。」

リーダーシップと暴君気質って紙一重なのかもしれないです。
賢い先導者になるのか、キチガイな独裁者になるのか
その人の資質や育ってきた環境が影響するんでしょうね、きっと。

「自分だけがいい思いをすればいいんだよね〜、結局。」

四半世紀前に働いていた会社で、社員が労組を立ち上げた直後に
立ち上げに関わった同僚たちが放った一言です。
それも、社長と近いところで仕事をしていた私を労組に勧誘する時に。
社長のゴシップネタを密かに流してくれと言ったあとに。

彼らが事もなげに言い放った上の一言が
紙一重の「紙」のあっち側への通行手形だと思います。
欲望が自分の内側へと向くとき、人はキチガイになるんだと思います。

自分の欲を律して、利他的に考えられる努力を惜しんじゃいけないなと
改めて思った朝でした。

My thoughts are with all the victims and their families in Belgium...



コメント