人を見下す人って……


普段の付き合いでは時々「ん?」と思う程度であっても
何か事件が起きたときに「あらら〜」と残念に思う 友達っていますよね?

先日もそんなことがありました。
その友達の子供絡みのちょっとした事件が発生したときに
その子のクラス担任からキツイ口調で電話がきたらしいのです。
それがどうしても許せないらしく
「母子家庭だと思ってバカにして」を繰り返すんですよ、私の友達。

その友達は基本的に「◯◯だからバカにして」という言葉が多い人です。
そして、お金を払ってサービスを受ける場所では上から目線になるんです。
「金払っている客なんだから」という理由だけで。
その友達にはこれまで何度か「それはお止めなさいな」と助言して
最近は収まっていたのですが、根っこは変わらないってことなんでしょうねぇ。

前々から何度もここで愚痴的に書いているとは思うのですが……

自分の態度や考えの中に存在すること(=実際自分が行う言動)が
相手の言動を推し量るモノサシになるわけで
たとえ相手の言動に悪意や特別な意図がなくても
受け取る側が悪意フィルターを通したら「悪いこと」に変換されるんです。
そして「私をバカにして」という怒りに一直線に到達する。
この悪意フィルターは自分もそうするからデフォルト搭載機能。

簡単に言えば……

自分が人をバカにするから、人も自分をバカにすると当たり前に考える

……ってことです。

これって、結局は自意識や自尊心が過剰なんだと思うんですわ、私。
だって「バカにする弱点がわかるくらい相手は自分のことを知っている」と
当たり前に思っているから。
そうそう、件の友達は、子供のクラス担任に何度も同じことを伝えたのに
まったく覚えていないとちょっと憤ってもいました(苦笑)。

その友達曰く「怒りを爆発させるのは醜いから嫌味程度で我慢する。」

この嫌味なのですが、その言葉尻に自尊心臭がすると
言われた方は「アンタ、挑発してんのかよ?」と思うんじゃないですかね?

20代半ば頃、私、当時の彼氏に「お前の嫌味は殺傷力ハンパないな」と
呆れられたことがありました。
でも、それは嫌味でも何でもなくて、単に正論を吐いただけだったのですよ。
実際に嫌味を言っているつもりも全くなかったし……。
そのときに殺傷力の高い嫌味は正論という方程式に気づきました(笑)。

私は人を見下すこともなければ(大体、他人にあまり興味がないし)
自分が見下されたと感じることもないです(気付いてないだけだろうけど)。

でも、面白いと思うのは
何らかの苦情に対してこちらが必要と思われる説明や事実だけを伝えて
余計な感情や苦情を言わないでいると
こちらが求めていないのに
相手は、責任逃れとか言い訳とか謝罪とか、最終的に自爆するんです。
そうせざるを得ない何らかの弱みがその人にあるからでしょう、たぶん。

デフォルトで見下し機能が付いている人は負の感情の制御も苦手のようです。
だから自尊心臭のする嫌味を発射して、ますます状況を悪化させる。
トホホな状態に持って行っているのは自分でもあるわけですね、これが。

どんな人も私には出来ない何かを持っていると思ってるので
どうして人を見下すのかが全く理解できないのですが
見下し好きな人たちには意識的に見下さないよう努力して欲しいものです。

ってか……
自分が思うほど、 他人は自分のことなんて見てないですから!!(笑)
自分と自分以外を上か下かで分けるなんて馬鹿げてますよ、まったく。
一体何様じゃ!?

……なんてことを考えている勤労感謝の日です。



コメント