ヤル気出てきた〜


今朝、先月に続き財布の中身をぜ〜んぶ無くすという夢で目覚めました。
お財布絡みの負の夢は吉夢らしいので、俄然ヤル気が出てきました(笑)。

今週はDave Smith InstrumentsのDave Smithさんの取材通訳からの
歓迎パーティーでの通訳仕事がありました。
雑誌の取材通訳は場数を踏み倒しているので慣れているのですが
機材にチョー詳しい方々が集まるパーティーでの通訳なんて…と軽くflinch。

実際に現場に行ったら、30人程度で和気藹々な雰囲気だったので
招聘元の福産起業の社長さんに「私が通訳しなくても大丈夫では?」と
現場で仕事をキャンセルするという大胆な提案&暴挙に出た私(苦笑)。
Daveさんと話をしたい人たちが一生懸命英語で話すことが予測できたので
ここでギャラをもらうのは気が引けるな…と。
逆に出席者のひとりとして要所要所でお手伝いした方が気が楽だな〜、と。

しか〜し、一度は了承してくれた社長さんから開始10分後に
「やっぱり仕事、お願いします」と再度頼み込まれて
恐縮しながらも仕事スイッチオンと相成りました(笑)。
社長さん、あれでギャラもらうなんて、すいません、本当に <(_ _)>

DaveさんとはNAMMで2度取材しているし
サンフランシスコの事務所にも一度お邪魔しているし
SFの兄的存在の元キーボード誌編集長Ernieのお友達だし
Daveさん本人がとても素敵でウィットのある方なので楽しい仕事でした。
福産起業の社長さんも英語がとても上手なのですが
パーティーでは社長としての役割も果たさないといけないので
通訳ヘルプが必要だったようです。

でも、一生懸命英語でDaveさんに思いを伝えようとする人たちが
と〜っても可愛いというか、微笑ましいというか。
伝えたいことがあると人は一生懸命になるものですね、本当に。
ここ暫く忘れていた純粋な思いに触れて心がほっこりしました♪

1年前から引き摺っていたギャラ未払い問題も
アメリカの弁護士友達の助けでやっと解決に向かっているし
春からイマイチ上がらなかった気分も徐々に上がってきているので
残り2ヶ月という時期でやっと本領発揮できそうな気配です。
まっ、五十路ですから、エンジンかかるのが遅いのは仕方なし(笑)。

今日はSteve Grossmanというサックス奏者さんの取材。
月曜日は念願のNerveのライブを観に行きます。
金曜日に1本取材やって、18日は摩天楼オペラ@日比谷野音。
気分が上がると外出する頻度が増えるなんて、私、単純です。

さて、取材に行く前に掃除しま〜す。
先週の台風よりも勢力の強いヤツが接近中のようですが
皆さんも三連休を楽しんで下さいまし〜☆

追記 福産起業の社長さんが写真を送ってくれました〜。




コメント