ちょっと真面目な話


安保関連法案が参議院で可決されたあとでも、反対派の人々は相変わらず
SNSに様々な「◯◯だから反対」意見をアップしてます。
政府が暴走しないようにするためにも
真っ当な理由があって反対する人々の厳しい監視の目は必要だと思いますが
ノリや主流だから的にちゃんと考えないで反対している人もいます。
そういう方々に質問です。

そもそも安保関連法案って何か知ってますか?

平和安全法制の概要 (PDF)

反対派のみなさんは上のPDFをじっくり読んだ上で反対なんですよね?

私は国会ウォッチャーではないので、国会の生中継を全部は見てはいません。
しかし、今回の安保関連法案に関していえば
野党の反対派が提出された法案の問題点を一つ一つ炙り出し
それを一つ一つ話し合って擦り合わせていくのが国会の役割でしたよね?

でも報道されるニュースを読んだり、テレビで見たりした限りでは
反対派は初っ端に「戦争法案」という扇情的なタイトルをつけて
「憲法違反だからとにかく反対」を主張しただけのように見えました。

そして戦争法案反対の穏健な方々が暴徒のように議長に襲いかかるという
なんともアイロニックなキューと共に特別委で可決され
その後、参議院で可決されたわけです。

あの暴力的な反対行動は「自分たちが反対した証」として残す
お約束のパフォーマンスのようですが、本当に見苦しいですよ。
冷静に話し合うべき場での駄々っ子のような反対パフォーマンスですからね。

次は、武力の使える範囲が広がる=戦争すると懸念する方々に質問です。

ご自分の家族や親類が海外旅行中にテロ活動に巻き込まれてしまったとき
「自衛隊は海外で武力を使えないから助けられないの、ごめんね」と
「海外で武力を使えると行く行くは戦争になっちゃうでしょ。だからダメなの」と
言えるのでしょうか?

そして
「今、武力を使えるアメリカ軍に頼んでいるから、ちょっと待っててね。
本当は自衛隊に行って欲しいけど、違憲だし、日本人を危険にさらしたくないのよ。
人を殺したり、人に殺されたりする場所って危険でしょ?
でもね、ほら、アメリカ軍なら赤の他人だし 
人を殺そうと人に殺されそうと(私とは)別に関係ないしね」
と言えるのでしょうか?

これは私の想像ですが
上のような危機に遭遇したときに、真っ先に手のひらを返して
「法律なんか何とでも解釈して自衛隊を派遣しろ!」と叫ぶのは
たぶん、今「戦争法案反対」を叫んでいる方々に多いと思います。
根拠はないですよ。しつこいようですが、私の想像です。

結局、「戦争」という言葉に対する嫌悪感が反対ムーヴメントを誘発し
加えて、中立であるべきメディアの偏重的な報道がそのムーヴメントを助長し
そのムーヴメントに気を良くした反対派野党は反対だけを唱え
国会で法案の内容をしっかり審議しないままで可決されるという
国民の期待を裏切った怖い結果になったわけです。

政府の説明の不十分さと反対派のポイントを外した質疑の相乗効果に
国民への告知の役割を全うしない大手メディアのいい加減さが加わった結果です。
政治家は国民の自由と幸福追求の権利を本気で守っているんでしょうかね?
大手メディアは重要な報道ですらエンターテイメントと思っているのでしょうか?

「戦争法案反対」だけを唱えつつ、まともな質問をせず
現行の法律では問題がある部分を解決するための代替案すら出さない野党ですよ?

消費税増税に伴って、生活必需品の軽減税を上限4,000円で還付するとか
還付にはまだ運用前で不確かなマイナンバー・カードでポイント貯めなきゃダメだとか
普通の会社で出したら「お前、バカか?」と即刻却下のアイディアを
シラ〜ッと出してくる政府と官僚ですよ?
国民からNGが出たら大臣さんが「んじゃ、他の案、出せや!」と開き直るんですよ?

国民の「自由と幸福を追求する権利」って何なんだろう?

いや、ほんと、この国の政治家もよく分からないけど
「戦争反対」と叫んでいれば戦争に巻き込まれないとか
どこの国も戦争をしかけてこないと信じられる人たちも理解できません。
戦争法案可決=徴兵制が始まると言う人に至っては……短絡的すぎます。
兵士一人育てるよりもドローンに拳銃付けて飛ばす方がコスパが激しく良いはずです。

安保法案反対では、宇宙人と交信できると公言する怪しいの人のブログを
FBでシェアする知り合いがいて、かなりがっかりしました。
どんなにまともそうな意見でも、ピンポイントでそこだけ見ないで
周辺まで目を配った上でシェアするか決めてほしいものです、本当に。

本当に大切なことだと思うのなら
いろんな情報を探り、じっくり考えてから、自分の考えをまとめましょうよ。
面倒くさくても考えなきゃいけないことって避けては通れないんですから。



コメント